【映画/格闘技】UFCを目指した若き2人の選手を描いたドキュメンタリーが完成 ダスティン・ポアリエ選手は、いかにUFC選手になったのか?|戦うヒト速報:2ちゃんねる格闘技ニュースまとめ

    2ch格闘技全般まとめサイト&格闘技動画サイト。2ちゃんねるの面白記事・動画などを紹介



    戦うヒト速報:2ちゃんねる格闘技ニュースまとめ TOP > スポンサー広告> UFC > 【映画/格闘技】UFCを目指した若き2人の選手を描いたドキュメンタリーが完成 ダスティン・ポアリエ選手は、いかにUFC選手になったのか?

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    [ --/--/--] スポンサー広告 | CM(-)

    【映画/格闘技】UFCを目指した若き2人の選手を描いたドキュメンタリーが完成 ダスティン・ポアリエ選手は、いかにUFC選手になったのか?

    587422_320x240.jpg


    1 :THE FURYφ ★:2012/05/28(月) 02:22:27.87 ID:???0

    http://www.cinematoday.jp/page/N0042263

    UFC(Ultimate Fighting Championship=アメリカの総合格闘技大会)を目指す若きルイジアナ州南部の
    選手二人を描いた話題のドキュメンタリー作品『ファイトヴィル(原題) / Fightville』について、マイケル・
    タッカー監督が語った。

    同作は、治安の悪いルイジアナ州の南部で育った若者ダスティン・ポアリエとアルバート・スタインバックは、
    地元ルイジアナのMMA(Mixed Martial Arts)プロモーターであるジル・グイロリーとトレイナー、ティム・
    クレデュアのもとUFC選手になるために訓練をしていくが、一流の選手になるためにはあらゆる障害が
    待ち受けていたというドキュメンタリー作品。監督は、サンダンス映画祭で話題になったドキュメンタリー作品
    『ガーナー・パレス(原題) / Gunner Palace』のペトラ・エパーレインとマイケル・タッカーが共同でメガホンを
    取っている。

    これまで戦争を描いたドキュメンタリー映画を制作してきたマイケル監督が、総合格闘家に興味を示した理由は
    「兵士が訓練する過程と戦いに挑む姿勢が、撮影をする前は総合格闘家に似ていると思い興味を持ったが、
    撮影が終わってはっきりしたんだ。一つは戦争で、一つはスポーツに過ぎないことだ。それは、総合格闘技で
    流す血は副産物に過ぎず、それに選手の誰もが怒りや敵対心だけで戦ったりしない。ただ、勝つために勝負を
    していることだった」と明かした。

    映画内で、アマ(MMA)の選手がプロ(UFC)を目指して戦っているが、試合のためにダスティン・ポアリエ選手が
    行った減量について「彼の体重は約85キロくらいで、2、3か月でおよそ17〜18キロ毎回痩せているんだ。
    試合3か月前からダイエットを始めて、1日わずか1,400〜1,500キロカロリーしか摂取しないようにするんだよ。
    そして試合5週間前になると、100グラムのサーモンを食べていたね。彼は絶対に炭水化物を摂取していなかったし、
    サーモン、アボカド、生野菜などを少量摂取していた。それはまるで、寿司板にのせられた寿司ネタのような
    大きさだった」と語り、そんなダスティンのトレーニングだけでなく食事の決意が、現在プロのUFC選手として
    結びついたようだ。





    2 :THE FURYφ ★:2012/05/28(月) 02:22:48.86 ID:???0

    UFCのステージに立てないアルバート・スタインバックのような選手は、生活ができるのだろうか。「アルバートのような
    アマチュアの選手は、おそらく1試合500〜1,500ドルの稼ぎだ。もっともUFCの選手でも下位の方だと、2、3か月
    トレーニングしても、1試合5,000〜6,000ドルくらいだ。一方ダスティンは、UFCにはその日の試合で一番素晴らしい
    決めワザで勝った選手にボーナスを渡すシステムがあって、ファイトマネーとそれを合わせると10万ドルくらい
    稼いでいた。だが、そんな彼も大けがをする可能性はあるし、それに彼のような選手は、多くのファイターの中でも
    ほんの一握りだけだ……」と答えた。その後マイケルは、毎年何千ものドキュメンタリー作品が制作される中、
    わずか50作品くらいしか配給されないのと同じだとも話した。

    映画は、周りの環境や雑音に惑わされず、目指した世界に立ち向かっていく男と、障害にあって妥協していく男が
    対照的に描かれていて興味深いドキュメンタリーに仕上がっている。



    3 :名無しさん@恐縮です:2012/05/28(月) 02:23:50.75 ID:IcUrk+jAO
    最初のゴルドーだけがおもろかったわ


    5 :名無しさん@恐縮です:2012/05/28(月) 02:28:43.78 ID:DXcnJQTz0
    ウォーリアーも日本公開しろよ


    11 :名無しさん@恐縮です:2012/05/28(月) 09:02:23.90 ID:oH2XmKb40
    >>5
    あんなのつまんねーだろ、ほんとに見ておもしろいとおもったのか?
    試合中で腕折ってんのに試合続行なんて、あのシーンで心底興ざめした


    13 :名無しさん@恐縮です:2012/05/29(火) 10:12:21.03 ID:zsDMzIoz0
    >>11
    アクションに実は兄弟だったんですみたいなヒューマンドラマの部分を加味してんだから、
    それなりに大丈夫な仕上がりだろ。
    あなたみたいな高尚な映画批評家には響かないかもしれませんが。


    6 :名無しさん@恐縮です:2012/05/28(月) 02:40:59.15 ID:JSIhBKjf0
    リアルドキュメントのキンボさんは?


    7 :名無しさん@恐縮です:2012/05/28(月) 02:42:32.94 ID:9w9OMuI+0
    日本公開はするの?してるの?


    8 :名無しさん@恐縮です:2012/05/28(月) 02:56:39.53 ID:cF2zAjpK0
    UFCはこうやって大会以外の部分を見せるのが上手いよな
    一方のK1はラーメン屋でバイトしてます!昼はビルメンです!みたいなどうでもいいVTRしか作れない
    そら倒産するわ



    9 :名無しさん@恐縮です:2012/05/28(月) 02:58:16.07 ID:1VpoeP6b0
    >>8
    日本のプロレスの手法をそのまま強襲しちゃったからな〜
    エンターティンメントは日本では無理だな


    10 :名無しさん@恐縮です:2012/05/28(月) 04:05:03.68 ID:s2+hJufG0
    K1にしてもPrideにしてもなんでこうなったんだろうな。

    FacebookがInstagramでどうのこうのとか、日本人なんて10年前から写メやってたじゃんとか思うけど。
    まぁ今更なんだろうな。

    日本人はオリジナルのプラットフォームを作り出すのはうまいけど、
    それがどう世界に理解されかつ価値があるのかが理解できてない。


    14 :名無しさん@恐縮です:2012/06/01(金) 01:05:41.06 ID:mRPMcZDD0
    南原が司会していた深夜の格闘技番組の頃はアルティメットが一番ガチで面白かったな
    ホイス・グレーシー現役の頃だ



    Warrior/ウォーリアー[PAL-UK][Import]Warrior/ウォーリアー[PAL-UK][Import]
    ()
    トム・ハーディ、Tom Hardy 他

    商品詳細を見る



    人気ブログランキングへにほんブログ村 ネットブログ 2ちゃんねるへ
    ブログパーツ


    関連記事
    スポンサーサイト

    [ 2012/06/02] UFC | コメント(0)
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する

    人気記事ランキング
    トラックバック:
    この記事のトラックバック URL

    検索フォーム
    カテゴリー
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:


    当ブログは、リンクフリーです。
    ご意見、ご要望などありましたらこちらからご連絡ください。

    ※当ブログの掲載記事・文章・画像等は2ちゃんねる掲示板からの転載です。 掲載されている文章・画像に関して何か問題があればメールでご連絡下さい。 確認後、適切な対処を取らせていただきます。
    アクセスランキング


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。